souzanのブログ

私の教室

2の運勢

 月が1② →  ②と12の(②)挫折運は 2なので、2は努力してもダメ
    ② →


★ 身の回りに短命者が多い。            
★ 頑固で無口で変わり者が多い。           
★ 個性的、自己中心的               
★ 人間関係で失敗、転職が多い。          
★ 病気(原因不明)                
★ 土壇場で助かる。                
★ 先祖の、怨念、因縁、が背負わされる(しょわされる)
★ 三代前に、怨念、因縁をもっている。
★ 家庭運が無い。
★ ツッパリが多い。イジメニあう。
★ 金→高級ブランド。
 本当のような嘘をつく。
★ すごくケチ。(人にご馳走することが無い)
★ 20前病弱、50から病気(癌になり易い)
★ 兄弟仲がわるい
★ 2の共通点、生命力のある子が生まれる。
★ 2は努力してもダメ。


印鑑を作ると努力の運勢に戻る。


 印鑑を作ると努力の運勢に戻る。日本聖印に鑑定士でいたが、日本聖印(日本聖印、日本聖印宝石/宝石の部)では日本聖印しか印鑑は開運しないと本(日本聖印の教科書)に書いてあった。他のところは、開運は見よう見真似でやっているので開運はしない、合併しているので日本聖印1社とある。日本聖印は実印が大開運、認印が小開運。


 開運印鑑の本もあるので、印鑑で開運できるのは日本聖印だけとは思えないから他でも開運する。信用性は低い。日本聖印以外の作った印鑑では、アマノセット黒水牛印鑑(昭和62年6月~7月)、象牙実印、象牙銀行印、アマノの象牙認印(昭和62年6月~7月)、名工中村のセット黒水牛印鑑、つげ印セット印鑑、つげ印個別印がある。菅原清(いとこ)が象牙芯もちの相当高い印鑑を持っていた。


 天皇の家系武士の末裔の私(独立運)は日本人で昭和29年②月14日生まれで(長男の役割の日本人三男)②の運勢。「努力してもダメだった(たかられて)」昭和62年5月頃に日本聖印宝石で鑑定士をやり、7月頃、日本聖印宝石(日本聖印)でセットで印鑑(カルセドニ/白メノウ)を作った。つい最近2の運勢をみて、その後は「努力の運勢に戻った」と最近思える。日本聖印の鑑定士は三度やっている。平成14年1月入社、3度目入社の日本聖印で上司の伊勢谷も今思えば2の運勢でやっていた。


 札幌交通局でも2月生まれと12月生まれはダメだそうです。


 兄弟の小野寺計子の計子は12画(長女、挫折運、カラ回り)、小野寺智の智は12画(四男、挫折運、カラ回り)、小野寺広子(日本人三女)は1②月生まれ。小野寺幹雄だけがいいが、長男ならいいが次男(②男)なのでよくないかも、戸籍の長男太郎と次女良子は赤ちゃんの時と幼少の頃に死亡した。2月生まれの父(61歳、剛気運)と母(89歳、独立運)は肺ガンで死亡。田舎にしか住んでいないのでものおじ(物事をこわがること)する?


 小学校に入る前の年に来ていた宮城県四郎丸の小野寺寅松に関しては、以前から武士の末裔と聞いていたのと、生前、母が「寅松つぁんは武士だとよ」と言っていた。伊達市での母の葬儀では洞爺寺の住職が「天皇家の葬儀」と通夜で言っていた。小野寺幹雄は「親があいぬだと言うのであいぬだ」と言っているが何を言っているのか解らない。ヤクザの習性。子供の頃(中学生でやっていた)から担任の先生が精神病(白痴)だといっていた為、父親が精神病院に入れると言ったが、母親が百姓なら出来るといって精神病院には入っていない。小野寺智もヤクザの習性。


 小野寺幹雄は、昭和62年7月頃に、私が売ったので日本聖印宝石の印鑑(銀行印/カルセドニ/白メノウ)1本有。日本聖印はメノウでもジリ貧にならないといわれている。小野寺幹雄に関しては「小野寺寅松の息子だ」と聞こえた事がある。小学校の同級生、増田孝文は小学2年生の初めごろまで、親は私を「長男だと言っていた」と言っている。小学校に入る前の年に小野寺寅松(あいぬ)が来て、「子供の写真を全部撮る」と言って撮った写真には、子供は3人しか写っていない。小野寺均と小野寺広子と小野寺智(父親があいぬ)しか写っていない。出生届は2名、小野寺均と小野寺広子しかない。幹雄が嘘をつくために、本当の兄弟になる。


 わたしは、本所(青野)計子が消極的なせいもあって、平成29年3月10日から3度目の生活保護になっている。小学校の卒業者名簿には、青野計子の記載があるが小野寺幹雄の記載はない。2月生まれの男は純情なのが多い。


 麻衣子は20画で2の運勢(数字の2)。喜代子も20画で2の運勢。他には
第1位「0」で親に縁がない。地格7画は親に頼らない運勢(独立運、庇護を受けない、孤児とにている、お釈迦様と似ている)。大王と言われていた神武天皇、大王は7画。