souzanのブログ

私の教室

精神病

 その人が、芸能人に似ていれば、化けてやっていると思うし、現実と非現実の区別がつかない頭になっている。東京では「高橋の頭のおかしさったらない」と言われいる。それで札幌にいる。幹雄は日本人だけど「子供の頃から精神病だ」言われていたし強欲だ。もしくは精神病と同じ状態。小学校3年生の時(昭和34年)に半年ぐらい姉と施設(のびろ学園)に入っていた。弟の智も精神病だ。出生届けは2人(均、広子)しかない。ほかの兄弟は「ケタケタ笑ってばかりいるので出生届けは出していない」


 頭がおかしいのを、日本人でもアイヌといっていた?だから日本政府はアイヌ政府。日本人でも、頭がおかしいのは肉を好む?肉好きは精神分裂病。日本人も半分ぐらいは精神分裂病。「天皇なんかいい」も精神分裂病。「俺のなになにを盗った」も精神分裂病。母親は平成22年9月に肺癌で死亡している。父親は昭和53年3月に肺癌で死亡している。


 高橋が天皇と思うようになった。アイヌは一万人と言われている。


 子供のころ、肉が嫌いだった。ヤギの乳も嫌いだった。今は少し食べられるようになったが嫌いは変わらない。ラード等の動物性の脂が毛細血管に悪影響を与える。


 動物性の肉、ラード等が精巣と卵巣に悪影響を与える。精巣が機能しないから精子ができないので勃起しない。卵巣が機能しないから卵子ができず排卵しない。


 鯖の弁当を食った後に、カラスが臭いをかぎつけてカラスがくる。


サバの脂質には不飽和脂肪酸と呼ばれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)がとても多く含まれています。
この両成分には、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、血液を流れやすくすると共に、血栓や動脈硬化が原因の脳梗塞や心筋梗塞を予防します。


加えてDHAには、脳細胞を活性化する効果があることがわかっており、ボケの予防にお勧めです。


不飽和脂肪酸 (オメガ脂肪酸)


不飽和脂肪酸は、構造上炭素の二重結合がある脂肪酸で、植物油や魚油に多く含まれており、血液中の余分な中性脂肪やコレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧を予防することから特に注目されています。